FC2ブログ
     

33 カメラ芸術科

高齢者大学 カメラ芸術科2019年のブログです

◎  6月20日 先生による写真講評 

天王寺動物園 天王寺界隈の撮影実修の講評でした

先週の撮影実修の一口レポートでは、苦戦されている内容が多かったのですが、素晴らしい作品でした


F6.jpg F7.jpg

F5.jpg F4.jpg

F2.jpg F1.jpg

F3.jpg


先生の写真も発表してもらい、構図などが勉強になりました

F8.jpg  F9.jpg

F11.jpg  F14.jpg

午後からの各自の発表

午前中と異なり、各自が詳細に撮影ポイントの説明があり楽しく鑑賞できました

F15.jpg  F16.jpg


F17.jpg  F18.jpg


6月6日午後 鶴見緑地撮影会 写真

F19.jpg  F20.jpg


F21.jpg  F22.jpg 

一部の写真しか掲載できませんでしたが 皆さんの作品は素晴らしい作品群でした
 

スポンサーサイト

◎  6月13日(木) 撮影実習 天王寺動物園 

快晴に恵まれ、暑い中、「動」の動物撮影実習でした。暑いので、動かない動物も多々おりましたが。

                       てんしばゲート前

      ①


                        園内地図

      ②


                        集合写真:良い笑顔!

      ③


                         おまけに通天閣

              ④




» Readmore

◎  6月6日 

                                                              AM:本日は社会への参加活動について
#2


                                                              高大による講義
#1


                                                             皆さんのボランティア活動紹介
#3


                                               PM:花博記念公園撮影会
#4

                                               撮影に向かう皆さん
#5

◎  5月30日 絞りとシャッターによる表現 

 写真撮影時に必要な基礎知識についての具体的な講義の始まりだ。
 絞りとシャッタースピードについては、
 ただなんとなく、どことなく、誰となく教えてもらったようで、知っているようでいながら
 今まで使い慣れたフルオートを止め、ハイアマチュアを目指し、AVかTV優先モードの撮影に挑むが、
 悲しいかな、人がほめてくれるような写真作品とは程遠い所にいる自身に気付かされる。

 さあ、皆の衆、今日から気合を入れて、長い経験のある人も新人も
 気分を新たに真剣で楽しい写真生活を過ごしましょう。

   講義前のリラックスモード

01講義前風景

   CDから事務連絡

02CD事務連絡

   1限目講義風景

031限目講義風景

   受講状況

04受講風景


 2限目の講義は、世界的に著名な写真家の作品を例に、作品作りの工夫や注目するべきポイントの講義を受けた。
 作品例示は困難なため、例示いただいた作家名を掲示する。自己研修時の参考索引になれば良

・木村伊兵衛・坂田栄一郎・アンセルアダムス・リチャードミズラック・カールブロスフェルト・エドワードウェストン・マイブリッジ・ブレッソン・リチャードアベドン・林ナツミ・杉本博司・マイケルケンナ・佐藤時哲・マイケルウェズリー

   2限目講義風景

052限目講義風景

   質疑応答タイム

06質疑応答

   終業挨拶

07終業挨拶

   昼休憩団らん

08昼休憩


 午後のクラスミーティングでは、

 奈良遠足時の1人3作品持ち寄りの班別発表会

 今後、班巡回担当を予定とする自己学習会の第1回
 ISO100における明るさの目安と絞りとシャッタースピードの組み合わせと題して
 少し高度な発表があった。

   班別作品発表の一例

09班別作品発表

 来週午後は鶴見緑地撮影予定です。カメラ忘れませんよう。

 担当 4班 A

◎  5月23日 遠足≪奈良市写真美術館・周辺散策≫ 

 本日快晴
 雲一つないカンカン照りの恵まれた?遠足日和である。
 位置的には、主要駅、バス停からも適当に遠く、
 少し汗ばみながら到着

 意欲ある人は、奈良駅から歩きで撮影しながらや、
 早くに到着し、新薬師寺など会館周辺の撮影を楽しんでいた。

 会館の展示作品は、
 入江泰𠮷氏の「祈り」をテーマとしたもの
 瀬戸正人氏の「旅 しない カメラ」と題した作品展で

 学芸員の丁寧で詳細な作品紹介を受け
 アマチュアカメラマンにとっても有意義な遠足となった。

   奈良市写真美術館前景

奈良市写真美術館


   遠足参加者の記録(記念ではありません)写真

玄関前集合写真


   入館手続き

   入館手続き


   学芸員の館内ガイダンス

学芸員館内ガイダンス


   学芸員の作品紹介


   学芸員による作品紹介


   見学終了後の一服

見学終了後の一服


 見学終了後は、班別行動で、昼食を含め三々五々散会した。
 班活動ながら、春日大社や万葉植物園などで多くのクラスメートと交錯している。

 とんでもない暑さと、数多くの修学旅行生、遠足の生徒、外国観光客で混雑する中
 被写体の少ない中、なんとか作品作りをと積極的に活動するクラスメートにエールを。

 担当 4班 A
 

back to TOP